COVID-19と社会科学

2019年に突如として現れた新型コロナウイルスは瞬く間に世界中に蔓延し、風景を一変させた。感染予防策としての「ソーシャルディスタンシング」は、人々の交流を基本とする社会のあり方そのものに疑問を投げかけ、人々の行動や思考に多大なる影響を及ぼしている。COVID-19によって人々の思考や行動はどのように変化したのか。また、COVID-19によって、社会科学のあり方はどのように変化したのか。本テーマでは、社会的現象としての感染症を、原因・波及・治療・防止・変容の5つの段階として捉え、人々の行動や政治的選好の変化を社会調査や行動データ・SNSデータから明らかにすることと合わせて、社会科学者を対象とする調査から、COVID-19が社会、及び、社会科学に対して与えた影響を考察する。具体的なテーマとしては以下のようなものを考えている。

  • 専門家に対する市民の信頼度:人々は科学(者)をより信頼するようになるのか?
  • 感染症対策において、人々は中央政府より地方自治体をより信頼しているのか?人々はWHOなどの国際機関をより信用するようになるのか?
  • 失敗からの学び:同様の感染症が発生したら、人々は(1)より早くマスクを着用するか?(2)トイレットペーパーなどの買い占めをやめるか?(3)リモートワークにシフトするか?(4)ワクチン接種に対して積極的になるのか?
  • 差別的行動: 医療従事者、外国人、若者に対する偏見や差別は変わるか?

田中 隆一MCELWAIN Kenneth Mori

研究会メンバー(五十音順、2022年4月現在)

石田賢示     東京大学社会科学研究所教授
WEESE Eric Gordon 東京大学社会科学研究所准教授
加藤晋      東京大学社会科学研究所准教授
川口航史      琉球大学人文社会学部准教授
川田恵介      東京大学社会科学研究所准教授
近藤絢子      東京大学社会科学研究所教授 
齋藤宙治      東京大学社会科学研究所准教授 
澁谷遊野      東京大学空間情報科学研究センター准教授 
庄司匡宏      東京大学社会科学研究所教授
SHAW Meredith Rose 東京大学社会科学研究所准教授
瀧川裕貴      東京大学大学院人文社会系研究科准教授 
田中隆一      東京大学社会科学研究所教授(研究会リーダー) 
中島啓      東京大学社会科学研究所准教授
東島雅昌     東京大学社会科学研究所准教授  
深井太洋      筑波大学人文社会系助教
藤原翔      東京大学社会科学研究所准教授 
MCELWAIN Kenneth Mori 東京大学社会科学研究所教授(研究会リーダー)
呂沢宇       東北大学大学院文学研究科准教授 

活動内容

2024年5月30日ワークショップ
第30回ワークショップ:Unexpected Handcuffs: How Open Bargains in Opposition Pre-Electoral Alliances Promote Political Instability and Authoritarian Comebacks
2024年5月29日ワークショップ
第29回ワークショップ:Gender and Politics and Representation Paradox: Representing Women and Facing Electoral Disadvantage?
2024年3月19日ワークショップ
第22回ワークショップ:「The Good the Bad and the Ugly: The Psychology of the Internet」
2024年3月 1日書籍
『パンデミックと社会科学』
2024年1月15日ワークショップ
第25回ワークショップ:「Middle-Class Support for Encompassing Welfare: Self-Reinforcing Policy-Feedback」
2023年12月18日ワークショップ
第23回ワークショップ:「When are 2 Observations Sufficient?: Revisiting the Method of Difference for Individual Treatment Effects」
2023年5月30日その他のイベント
第10回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2022年12月27日その他のイベント
第9回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2022年12月13日その他のイベント
第8回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2022年7月26日その他のイベント
第7回研究会開催(COVID-19と社会科学)報告者:呂沢宇(東京大学社会科学研究所)
2022年7月19日ワークショップ
第12回ワークショップ:「COVID-19パンデミック以降の学術および大学教育に対する態度について : Attitudes Towards Academia and University Education Since the COVID-19 Pandemic」
2022年5月30日その他のイベント
第6回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2022年4月25日その他のイベント
第5回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2021年12月 7日その他のイベント
第4回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2021年11月18日ワークショップ
第7回ワークショップ:「Use of Artificial Intelligence in Criminal Justice System: Experimental Evaluation」
2021年11月 2日その他のイベント
第3回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2021年10月19日ワークショップ
第5回ワークショップ:「政治コミュニケーション研究におけるフィールド実験:Field experiments in political communication research」
2021年9月30日その他のイベント
第2回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2021年8月 4日その他のイベント
第1回研究会開催(COVID-19と社会科学)
2021年6月15日ワークショップ
第3回ワークショップ:「Covid-19と日本での経済活動:Covid-19 and Output in Japan」
2021年1月19日ワークショップ
プレイベント「COVID19と社会科学」