社会科学のメソドロジー

第8回研究会(思想と歴史)のお知らせ

日時:2022年12月16日(金)15:00-16:40

場所:オンライン(Zoomミーティング)

タイトル:「リバタリアニズムの可能性:Frontiers of libertarianism」

報告者森村進(一橋大学名誉教授)・広瀬巌(McGill Univ.)

対象:一般公開

報告要旨:リバタリアニズムは日本語で「自由至上主義」などと訳されることがあるが、はたしてその意味や可能性は十分に理解されているのだろうか。この研究会では、ジョン・ロックからロバート・ノージック、さらには現代の左右のリバタリアンまで、長い射程でこの思想の内容を捉えたい。同時に、リバタリアン・パターナリズムやベイシック・インカム論など、現代におけるリバタリアニズムの展開についても検討する。

こちらより登録ください。
前日にZoomのURLを送付いたします。

第15回全所的プロジェクト(社会科学のメソドロジー)ワークショップのお知らせ

日時:2022年12月20日(火)15:00~16:40

場所:オンライン(Zoomミーティング)

タイトル「How Do Political Conflicts Shape Economic Relations? Introducing Big Data-Based and Survey-Based Approaches」

報告者Sung Eun Kim [Korea University]

言語:英語

対象:大学関係者のみ

報告要旨:How do political conflicts shape economic relations? A series of empirical studies have shown that wars, militarized disputes, and diplomatic conflicts negatively affect trade relations between states. While it is widely accepted that trade tends to follow the flag, it remains relatively underexplored how and what types of political conflicts shape economic relations between states. To further explore this question, this talk introduces two empirical studies on political conflicts and trade relations. The first part will discuss how China uses regulatory barriers such as health and safety standards as a means of protectionism in response to political tensions with foreign countries. This study measures the degree of political tensions with a big data-based approach utilizing the GDELT (or Global Database of Events, Language and Tone) database. The second part will discuss a survey experiment that examines how public support for protectionist measures changes depending on who the target countries are. This study measures the effect of target country information by randomly switching the target of trade protectionist measures, and finds that public support for protectionism depends substantially on the target country (and potentially political relations with the target country).

こちらより登録ください。
前日にZoomのURLを送付いたします。

新着情報

2023年2月 7日 その他のイベント
2022年度第4回研究会開催(社会科学の哲学)報告者・倉田剛(九州大学)
2023年1月25日 その他のイベント
第12回研究会開催(法学の方法) 報告者・田中亘(東京大学社会科学研究所)
2022年12月20日 ワークショップ
第15回ワークショップ:「How Do Political Conflicts Shape Economic Relations? Introducing Big Data-Based and Survey-Based Approaches」
2022年12月16日 その他のイベント
第8回研究会開催(思想と歴史)報告者:森村進(一橋大学)・広瀬巌(McGill Univ.)
2022年12月16日 その他のイベント
第11回研究会開催(法学の方法) 報告者・矢作健(成蹊大学経済学部現代経済学科)
2022年11月24日 その他のイベント
第7回研究会開催(思想と歴史)報告者:関口佐紀(早稲田大学)・柳愛林(東京大学)


TOP