「将来に向けた防災意識・行動・価値観調査」ご協力のお願い

 現在、東京大学社会科学研究所・危機対応学プロジェクトでは、「将来に向けた防災意識・行動・価値観調査」を実施しております。
 この調査では、あなたの行動・価値観や防災意識に関することがらなどを中心におうかがいし、防災や危機対応に関する社会科学的研究を進めていくための貴重な資料とさせていただきます。皆さまにお答えいただいた内容は、すべて数字として処理し、個人名が出ることは一切ありません。どうか率直にありのままをお答えください。
 お忙しいところ大変恐縮ですがアンケートにご回答くださいますよう、よろしくご理解とご協力をお願い申し上げます。
東京大学社会科学研究所 危機対応学プロジェクト
代表:玄田有史

危機対応学関連 研究報告会開催のお知らせ

メリディアン180共同プロジェクトの主催する研究報告会が開催されます。
2017年2月25日(土) 13:30~15:30 研究中間報告会「あるべき原子力損害賠償制度とは?」早稲田大学比較法研究所 詳細はこちら

更新情報

2017年2月16日
研究活動 2月14日に東京大学社会科学研究所創立70周年行事が開催されました
2017年2月14日
研究活動 「将来に向けた防災意識・行動・価値観調査」ご協力のお願い
2017年2月 9日
研究活動 危機対応学関連 研究報告会開催のお知らせ
2017年2月 7日
エッセイ 誤解と疑念が生む危機
2017年1月26日
研究活動 1月21日に釜石市で 危機対応学トークイベントを開催しました
2017年1月19日
エッセイ キューバ危機(1962)はなぜ回避できたのか?
2017年1月18日
研究活動 危機対応学第8回ワークショップを行いました
2016年12月27日
関連記事 先月開催されたシンポジウムの様子が、12月15日号の「広報 かまいし」の表紙を飾りました。
2016年12月21日
研究活動 危機対応学第7回ワークショップを行いました
2016年12月 2日
研究活動 11月14日に釜石市で危機対応学研究センターを設立し、シンポジウム『釜石と希望学のこれから-「危機対応学」始めます!』を開催しました。