合評会『危機対応の社会科学』上下巻(オンライン開催)のお知らせ

全所的プロジェクト研究『危機対応の社会科学』上下巻(東京大学出版会) の刊行を踏まえ、
以下の日程(2/12、2/13、3/4)にて3回に分けて合評会をオンライン(ウェビナー)にて 開催します。

①212日(金)14:00-16:30 
登録:こちらから事前登録ください。
<プログラム>
14:00
 開会挨拶
14:05
16:20 (報告者)飯田高、保城広至、森本真世、藤原翔、中林真幸、加藤晋、川田恵介、有田伸
16:20
16:25 総括討論
16:25
16:30 閉会挨拶

②213日(土)14:00-16:30
登録:こちらから事前登録ください。
<プログラム>
14:00
 開会挨拶
14:05
16:35 (報告者)藤谷武史、宇野重規、丸川知雄、田中亘、中村尚史、玄田有史、石田賢示、飯田高、ノーブル・グレゴリー
16:35
16:40 総括討論
16:40
16:45 閉会挨拶

③3
4日(木)14:00-16:30
登録:こちらから事前登録ください。
<プログラム
14:00
 開会挨拶
14:05
16:05 (報告者)齋藤哲志、マッケルウェイン ケネス、松村敏弘、佐々木弾、林知更、石川博康、佐藤香
16:05
16:25 総括討論 
16:25
16:30 閉会挨拶

どなたでも参加可・無料(ただし、参加目的によってはご遠慮いただく場合もございます。)
参加申込(下記リンクより参加登録をお願いします)
それぞれの登録をお願いします。
https://zoom.us/webinar/register/WN_Wdu3SxwgT7SP6QkZ9eyedQ
https://zoom.us/webinar/register/WN_vbZPXImuRhaEEwZ_SgIOpw
https://zoom.us/webinar/register/WN_Sl2tl0GvQa2laxGJzAa-Sg
上記URLにアクセスし、必要事項をご入力のうえ、お申込みください。
ご登録後、ウエビナーに関する確認メールが届きます。
なお、参加される際のリンクは、他の方と共有できませんので、ご了承ください。

更新情報

2020年11月24日
関連記事 『生涯学習とキャリアデザインVol.18-1』(法政大学キャリアデザイン学会紀要)に梅崎修「記憶の社会的チカラ―釜石におけるアートと展示イベントの報告」が掲載されました。
2020年10月27日
研究活動 第10回危機対応学トークイベント報告
2020年10月20日
関連記事 東京大学 統合報告書 2020 ~IR×IR×IR Integrated Report × Institutional Research × Investor Relations~ のP62~65に「海と希望の学校in三陸」について報告されております
2020年10月20日
関連記事 東京大学FSIバーチャルシンポジウムにて社会科学研究所全所的プロジェクト「危機対応学」について報告いたしました。
2020年10月20日
関連記事 2020年10月17日東京大学ホームカミングデイ『特別フォーラム』にて玄田有史が「"危機への対応" ~ブリコラージュという考え方」と題し登壇いたしました。
2020年9月17日
関連記事 『淡青41号』に宇野重規「コロナ危機における東京大学の三つの任務」が掲載されました。
2020年7月28日
関連記事 2020年7月12日『「折々のことば」(朝日新聞)』に東大社研・中村尚史・玄田有史編『地域の危機・釜石の対応』(東京大学出版会、2020年6月30日刊行)から、玄田有史・荒木一男「危機対応と希望」の一節が引用されました。
2020年7月28日
関連記事 2020年6月30日『Discuss Japan』 に玄田有史 "Toward ways of working able to respond to abnormality and change."が掲載されました。
2020年7月28日
関連記事 2020年6月号『中央公論』に玄田有史「労働経済学×希望学×危機対応学からのヒント 異常と変化に対応しうる「働き方」へ」が掲載されました。
2020年7月10日
研究活動 地域の危機・釜石の対応/国境を越える危機・外交と制度による対応が刊行されました