東大社研編 危機対応学 全4冊(東京大学出版会)刊行のお知らせ


(クリックでPDFが開きます)

シリーズ「危機対応学」は、4 年に及ぶこれらの研究成果を取りまとめたものである。危機対応学では、テーマを特化し、岩手県釜石市を対象に、地域における危機の位相と対応を多角的に調査する総合地域研究と、国境を越えた危機のメカニズムを国際政治、国際法、国際経済の観点から分析する国際危機研究も行ってきた。本シリーズは、上下巻からなる危機対応の社会科学に関する学際研究と、これらの地域研究と国際研究各1巻の全4巻から構成されている。......

更新情報

2021年9月16日
関連記事 『危機対応の社会科学 想定外を超えて [上]、未来への手応え [下]』 東大社研/玄田有史/飯田高編が UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました
2021年9月 6日
研究活動 第13回危機対応学トークイベント報告
2021年8月13日
研究活動 東京大学社会科学研究所「社会連携研究部門」「危機対応学『地域貢献見える化』事業」主催シンポジウム「流域に着目して未来を考える~地域社会の危機への総合的なアプローチ~」報告
2021年8月 2日
関連記事 『国境を越える危機・外交と制度による対応』 アジア太平洋と中東 東大社研/保城広至編が UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました
2021年8月 2日
関連記事 『地域の危機・釜石の対応』―多層化する構造― 東大社研/中村尚史/玄田有史編が UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました
2021年7月 5日
関連記事 国立大学法人の第3期中期目標期間(4年目終了時) に係る業務の実績に関する評価結果について
2021年6月29日
研究活動 『地域の危機・釜石の対応』合評会の記録
2021年5月31日
研究活動 第12回危機対応学トークイベント報告
2021年4月 9日
関連記事 吉野英岐(編著)『災害公営住宅の社会学』(東信堂)が刊行されました。
2021年4月 1日
関連記事 玄田有史が『連続シンポジウム コロナ危機後の社会② 非常事態にも強い医療体制と社会』(東京大学,東京カレッジ,2021年3月31日)に報告者として参加しました。