東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

スタッフ

スタッフ

齋藤宙治(SAITO Hiroharu)

所属部門 比較現代法部門 准教授
専門分野 法社会学
e-mail hsaitoiss.u-tokyo.ac.jp
Webpage https://www.hiroharusaito.com

経歴

2021年4月 - 東京大学社会科学研究所准教授

研究テーマ

1法と社会に関する実証的研究
Empirical Studies on Law and Society
下記に掲げる研究テーマをはじめ、法と社会に関する実証的研究を幅広く行っています。詳細は、個人ウェブサイト(https://www.hiroharusaito.com)をご覧ください。
2交渉・紛争解決
Negotiation and Dispute Resolution
3弁護士行動・法曹倫理
Lawyer Behaviors and Professional Ethics
4子どもと法
Children and the Law
5家事紛争
Family Law Disputes

主要業績

  • “The Impact of Lawyer Fees on Lawyer Partisanship: The Reciprocity Norm May Matter,” International Journal of the Legal Profession. Advance online publication, 2020, pp. 1–16. https://doi.org/10.1080/09695958.2020.1859378
  • 「大企業の法務と弁護士利用―構造方程式モデリングによる法務の発展の分析」『法と実務』16号, 2020年, pp.60-81.
  • 「民事訴訟における代理人に関する基礎的分析―10年間の人数変化と訴訟結果の傾向」『社会科学研究』71巻2号, 2020年, pp.99-110.
  • “Equal Protection for Children: Toward the Childist Legal Studies,” New Mexico Law Review, 50(2), 2020, pp. 235–286.
  • “Japanese Divorce Lawyers: Their Success After Their Own Divorce,” Asian-Pacific Law & Policy Journal, 20(1), 2018, pp. 1–49.(東京大学社会科学研究所 SSJデータアーカイブ優秀論文賞(2019年度))
  • 「米国における対立解決教育の歴史的展開: 第二期(変容期)」『法と教育』8号, 2018年, pp.5-16.
  • 「子どもの各種法定年齢をめぐる一般人の法意識」『法社会学』84号, 2018年, pp.203-240.
  • 「交渉に関する米国の弁護士倫理とその教育効果—離婚事件における真実義務と子どもの福祉を題材に」豊田愛祥・太田勝造・林圭介・斎藤輝夫編『和解は未来を創る—草野芳郎先生古稀記念』(信山社), 2018年3月, pp.207-236.(日本法社会学会学会奨励賞(2018年度論文部門))
  • 「海外文献紹介: Nancy H. Rogers, et al. eds., Designing Systems and Processes for Managing Disputes (Aspen Publishers, 2013)—米国の「紛争解決システム設計」の動向とあわせて」『仲裁とADR』12号, 2017年, pp.56-60.
  • “Do Professional Ethics Make Negotiators Unethical? An Empirical Study with Scenarios of Divorce Settlement,” Harvard Negotiation Law Review, 22(2), 2017, pp. 325–373.
  • 「米国における対立解決教育の歴史的展開: 第一期(拡大期)」『法と教育』6号, 2016年, pp.5-16.
  • “Bargaining in the Shadow of Children’s Voices in Divorce Custody Disputes: Comparative Analysis of Japan and the U.S.,” Cardozo Journal of Conflict Resolution, 17(3), 2016, pp. 937–988.
  • 「学校内の意思決定・紛争解決の場としての「全校会」の事例研究: 子どもの参加と紛争解決システム設計の2つの視点から」東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢35号, 2015年, pp.19-33.

教育活動

東京大学大学院 法学政治学研究科 「法社会学の方法と実践」(法曹養成専攻・法学部と合併)