東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

スタッフ

スタッフ

中林真幸 (NAKABAYASHI Masaki)

所属部門 比較現代経済部門 教授
専門分野 取引システム
e-mail mn[at]iss.u-tokyo.ac.jp
[at]を@に置き換えてください。
個人ページ https://sites.google.com/site/5600043jpn/
Researchmap https://researchmap.jp/masaki.nakabayashi?lang=ja

経歴

1995年4- 日本学術振興会特別研究員DC1
1998年4月 - 東京大学大学院経済学研究科・経済学部助手
1999年4月 - 千葉大学法経学部経済学科助教授
2002年4月 - 大阪大学大学院経済学研究科助教授
2002年9月 - 日本学術振興会海外特別研究員・スタンフォード大学経済学部客員研究員
2007年4月 - 大阪大学大学院経済学研究科准教授
2008年4月 - 東京大学社会科学研究所准教授
2014年4月 - 東京大学社会科学研究所教授

研究テーマ

1取引システム (Governance mechanism of trades)
2経済史(Economic history)
3開発経済学(Development economics)

主要業績

論文

1. 査読有り
  • Keisuke Kawata and Masaki Nakabayashi, “Determinants of COVID-19 Vaccine Preference: A Survey Study in Japan,” SSM - Population Health, 15, 2021.
  • Masaki Nakabayashi, Kyoji Fukao, Masanori Takashima and Naofumi Nakamura, “Property systems and economic growth in Japan, 730-1874,” Social Science Japan Journal, 23(2), Summer 2020, pp. 147-184
  • 「享保元文農地法の成立―市場拡大と社会的安定の平衡―」『経済研究』〔一橋大学〕第71巻3号,2020年4月,144-169頁
  • Masaki Nakabayashi, “Ownership structure and market efficiency: Stockholder/manager conflicts at the dawn of Japanese capitalism,” Journal of International Financial Markets, Institutions and Money, 61, pp. 189-212, July 2019. Open Access by Elsevier: https://doi.org/10.1016/j.intfin.2019.03.003
  • Masaki Nakabayashi, “From family security to the welfare state: Path dependency of social security on the difference in legal origins,” Economic Modelling, 82, pp. 280-293, November 2019. Open access by Elsevier: https://doi.org/10.1016/j.econmod.2019.01.011
  • Yu Mandai and Masaki Nakabayashi, “Stabilize the peasant economy: Governance of foreclosure by the Shogunate,” Journal of Policy Modeling, 40(2), pp. 305-327, March-April 2018. https://doi.org/10.1016/j.jpolmod.2018.01.007
  • Masaki Nakabayashi, “From the substance to the shadow: The role of the court in Japanese labour markets,” The Economic History Review, 71(1), pp. 267-289, February 2018. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/ehr.12432
  • Masaki Nakabayashi, “Contained crisis and socialized risk: Unconventional monetary policy by the Bank of Japan in the 1890s,” Research in International Business and Finance, 40, pp. 231-241, April 2017. http://dx.doi.org/10.1016/j.ribaf.2017.01.008
  • Masaki Nakabayashi, “Honesty, diligence, and skill: Risk sharing and specialization in the Kiryu silk weaving cluster, Japan,” Review of Development Economics, 21(4), pp. 1401-1424, November 2017. http://doi.org/10.1111/rode.12282
  • Masaki Nakabayashi, “Imposed efficiency of treaty ports: Japanese industrialization and western imperialist institutions,”Review of Development Economics, 18(2), pp. 254-271, May 2014. http://doi.org/10.1111/rode.12082
  • Arimoto, Yutaka, Tetsuji Okazaki and Masaki Nakabayashi,“Agrarian land tenancy in prewar Japan: contract choice and implications on productivity,” The Developing Economies, 48(3), pp. 293-318, September 2010. http://doi.org/10.1111/j.1746-1049.2010.00109.x
  • Masaki Nakabayashi, “The rise of the modern silk reeling industry and financial institutions: the formation of the institution of providing advances on documentary bills,” Japanese Yearbook on Business History, 18, pp. 119-139, December 2001. http://doi.org/10.5029/jrbh1984.18.119
  • 中林真幸「大規模製糸工場の成立とアメリカ市場―合資岡谷製糸会社における経営発展と商標の確立―」『社会経済史学』第66巻6号,3-24頁,2001年3月.
  • 中林真幸「蚕糸業再編期における製糸経営―経営発展と金融制度―」『経営史学』第35巻1号,1- 29頁,2000年6月. http://doi.org/10.5029/bhsj.35.1
  • 中林真幸「製糸業における工女の取引制度―諏訪製糸同盟の成立に関する考察―」『歴史学研究』第734号,17-33頁,2000年3月.
  • 中林真幸「製糸業における労資関係の形成」,『史学雑誌』第108編第6号,1-43頁,1999年6月.
  • 中林真幸「器械製糸業勃興期における「荷為替立替金」供給制度の形成」『経営史学』第33巻第4 号,52-80頁,1999年3月.http://doi.org/10.5029/bhsj.33.52
  • 中林真幸「「等級賃金制」の確立―諏訪製糸業における誘因体系―」『社会経済史学』第64巻第6号,58-89頁,1999年3月.
  • 中林真幸「製糸資本の勃興―蚕糸業再編期の開明社―」『土地制度史学』〔後継誌名『歴史と経済』〕第150号,18-37頁,1996年1月.
  • 中林真幸「蚕糸業の再編と国際市場:1882-1886年」『土地制度史学』第145号,1-20頁,1994年10月.
  • 中林真幸「製糸資本勃興期の金融」『史学雑誌』第103編第4号,36-78頁,1994年4月.
2.査読無し
  • Masaki Nakabayashi, “Cumulative Adverse Mental Health Outcomes After Concurrent Disasters—Social, Scientific, and Policy-Making Implications,” JAMA Network Open, Invited Commentary, 2022;5(6):e2217260, Jun 16, 2022 Invited
    https://doi.org/10.1001/jamanetworkopen.2022.17260
  • 中林真幸「雇用の長期的な趨勢―歴史的な観点から―」『日本労働研究雑誌』683号,53-63頁,2017年6月.
  • 中林真幸「釜石製鉄所現業従業員の賃金と職位―中間報告―」『社会科学研究』[東京大学]第61巻5・6号,55-65頁,2011年3月.
  • 中林真幸「諏訪製糸業における中小経営の発展」,『経済志林』〔法政大学〕第73巻4号,363-380頁,2006年3月.
  • Masaki Nakabayashi, “An organization of production tied with an institution of market: Institutional complementarity in the silk reeling industry,” 『大阪大学経済学』(Osaka Economic Papers),第54巻3号,434-449頁, 2004年12月.
  • 中林真幸,「近世瀬戸内海における漁場用益形態に関する一考察―備中真鍋島の漁業と漁場―」『論集きんせい』第18号,25-56頁,1996年5月.


著書

1. 単著
  • 中林真幸『近代資本主義の組織―製糸業の発展における取引の統治と生産の構造―』東京大学出版会,2003年6月.
2. 共著
  • 「家父長制と福祉国家―社会保障の法的経路依存―」岡崎哲二編『経済史・経営史研究入門』有斐閣,2022年3月,3-35頁.
  • “Tokugawa Japan and the foundations of modern economic growth in Asia,” in Broadberry, Stephen and Kyoji Fukao eds. The Cambridge Economic History of Modern World, Volume 1, June 2021, Cambridge University Press, pp. 67-96.
  • Masaki Nakabayashi, “The thin line between economic dynamism and social stability: Regulation and deregulation in Japan (Twelfth to nineteenth century),” in Kaveh Yazdani and Dilip M. Menon, Capitalisms: Towards a Global History, New Delhi: Oxford University Press, January 2020, pp. 277-305.
  • 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座 日本経済の歴史 第2巻 近世 16世紀末から19世紀前半』(中林真幸/森口千晶,「政府の役割」22-33頁;今村直樹/中林真幸,「所得と資産の分配」,33ー49, 57ー60頁;萬代 悠/中林真幸,「近世の土地法制と地主経営」,150-176頁 を分担執筆),全306頁,岩波書店,2017年8月.深尾京司・中村尚史・中林真幸編,『岩波講座 日本経済の歴史 第1巻 中世 11世紀から16世紀後半』(西谷正浩/早島大祐/中林真幸,「政府の役割」,23-33頁;西谷正浩/中林真幸,「所得と資産の分配」,33ー49頁を分担執筆),全301頁,岩波書店,2017年7月.
  • 田中亘/中林真幸編『企業統治の法と経済-比較制度分析の視点で見るガバナンス』(中林真幸,「第7章 黎明期の企業統治と資本市場-東京株式取引所上場企業の財務と統治と株価」,187ー209頁を分担執筆),416頁,有斐閣,2015年4月.
  • 中林真幸/石黒真吾編『企業の経済学-構造と成長』(中林真幸/石黒真吾,「序章 企業の経済学」1ー22頁;中林真幸,「第7章 技能の修得と能力の学習」189-220頁を分担執筆),388頁,有斐閣,2014年12月.
  • 小峰隆夫/岡崎哲二/寺西重郎/松島茂/中村尚史/中林真幸/日本経済研究センター50年史編纂委員会編『エコノミストの戦後史―日本経済50年の歩みを振り返る―』(オーラル・ヒストリー作成を分担),日本経済新聞出版社,2013年12月.
  • 中林真幸編『日本経済の長い近代化 統治と市場、そして組織 1600-1970』(中林真幸,「序章 取引の統治と諸市場の逐次的な拡大」,1-43頁;中林真幸,「第2章 財政国家の成立―財政基盤の確立と公債市場の成立―」,78-112頁;中林真幸,「第3章 株式市場の誕生と金融政策の成立―日本銀行と資本市場―」,113-130頁;中林真幸,「第4章 市場と生産の相互作用―横浜生糸市場と蚕糸業の再編―」,132-159頁;中林真幸,「第9章 内部労働市場の深化と外部労働市場の変化―製鉄業における教育と経験と賃金―」,303-332頁;中林真幸,「終章 共同体と市場,市場と企業」,333-350頁,を分担執筆),名古屋大学出版会,2013年2月.
  • Masaki Nakabayashi, "The rise of a Japanese fiscal state," in Bartolomé Yun-Casalilla and Patrick K. O'Brien with Francisco Comín Comín, eds., The Rise of Fiscal States:A Global History, 1500-1914, Cambridge: Cambridge University Press 2012, pp. 378-409, 2012.
  • 佐々木聡/中林真幸編著 『講座・日本経営史 第3巻 組織と戦略の時代―1914~1937―』(中林真幸/ 佐々木聡,「企業組織の成長と産業組織の変化―第一次世界大戦期から両大戦間期にかけて―」,1-13頁;中林真幸,「綿紡績業の生産組織―鐘淵紡績に見る先端企業の事例―」,87-103頁を分担執筆),ミネルヴァ書房,2010年9月.
  • 中林真幸「生産組織と労働組織と企業文化」,阿部武司/中村尚史編著,『講座・日本経営史 第2巻 産業革命と企業経営 1882~1914』,55-79頁,ミネルヴァ書房,2010年2月.
  • Masaki Nakabayashi, "Flexibility and diversity: the putting-out system in the silk fabric industry of Kiryu, Japan," in Tetsuji Okazaki, ed., Production Organizations in Japanese Economic Development, London: RoutledgeCurzon, pp. 127-167, 2007.
  • Tetsuji Okazaki and Masaki Nakabayashi, "History of production organizations," in Tetsuji Okazaki, ed., Production Organizations in Japanese Economic Development, London: RoutledgeCurzon, pp. 1-13, 2007.
  • 中林真幸「日本資本主義論争―制度と構造の発見―」,杉山伸也編『岩波講座 「帝国」日本の学知 第2巻 「帝国」の経済学』,岩波書店,173-216頁,2006年9月.有本寬/岡崎哲二/中林真幸,「小作契約の選択と共同体」,澤田康幸/園部哲史編著,『市場と経済発展―途上国における貧困削減に向けて』,93-125頁,東洋経済新報社,2006年3月.
  • Masaki Nakabayashi, "The rise of a factory industry: silk reeling in Suwa district," in Masayuki Tanimoto, ed., The role of traditional factors in Japanese industrialisation 1880-1920, Oxford: Oxford University Press, pp. 183-216, 2006.
  • 岡崎哲二/中林真幸,「生産組織の経済史」,岡崎哲二編『生産組織の経済史』,東京大学出版会,1-30頁, 2005年9月.
  • 中林真幸「勃興期近代製糸業の発展経路―長野県諏訪郡の製糸経営―」,高村直助編著,『明治前期の日本経済―資本主義への道―』,ミネルヴァ書房,195-226頁,2004年10月.
  • 中林真幸「原料繭の流通と地方市場」,中西聡/中村尚史編著,『商品流通の近代史』,日本経済評論社,249-276頁,2003年8月.
  • 中林真幸「問屋制と専業化―近代における桐生織物業の発展―」,武田晴人編,『地域の社会経済史―産業化と地域社会のダイナミズム―』,有斐閣,19-66頁,2003年7月.
  • 中林真幸「製糸工女取引の公的統治と私的統治」,岡崎哲二編,『取引制度の経済史』,東京大学出版会,99-160頁,2001年9月.
  • 岡崎哲二/中林真幸「経済史研究における制度」,岡崎哲二編著,『取引制度の経済史』,東京大学出版会, 1-12頁,2001年9月.
  • 中林真幸「産業化過程における誘因体系の形成―労働力支出の最適化問題とその解決―」,杉浦克己/柴田徳太郎/丸山真人編著,『多元的経済社会の構想』,日本評論社,63-105頁,2001年6月.
  • 中林真幸「養蚕業の発展と原料繭流通」,老川慶喜/大豆生田稔編著,『商品流通と東京市場―幕末~戦間期―』,日本経済評論社,2000年,165-191頁,2000年11月.
  • 中林真幸「製糸業の発達と幹線鉄道」,高村直助編著,『明治の産業発展と社会資本』,ミネルヴァ書房,161-196頁,1997年12月.
  • 中林真幸「横浜正金銀行の製糸金融―「原資金」供給制度の形成―」,横浜近代史研究会・横浜開港資料館編,『横浜の近代―都市の形成と展開―』,日本経済評論社,287-314頁,1997年3月.

教育活動

東京大学大学院 経済学研究科 「Institutional Analysis of Japanese Economy I」
「Institutional Analysis of Japanese Economy II」
慶應義塾大学 経済学部 「日本経済史a」
「日本経済史b」
「日本経済史各論」
慶應義塾大学 商学部 「マネジメント各論(企業制度)」