東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

スタッフ

スタッフ

池田めぐみ (IKEDA Megumi)

所属部門 附属社会調査・データアーカイブ研究センター 助教
専門分野 教育工学
e-mail megumikedaiss.u-tokyo.ac.jp

経歴

2019年4月 - 2020年3月 東京大学大学院情報学環 特任研究員
2020年4月 - 東京大学社会科学研究所 助教

研究テーマ

1働くに関わるレジリエンス研究
Resilience in the Workplace
「環境の変化に適応し,ネガティブな仕事状況に対処する個人の能力(NOE et al. 1990)」などと定義される、職場のレジリエンスが及ぼす効果とその先行要因に関する検討を行っている.
2活躍する20代の職場での学びに関する研究
Young Workers' Learning in the Workplace
職場でのどのような経験や学習が、20代の能力向上に寄与するのか探究している。具体的には、仕事をする際の工夫であるジョブ・クラフティングや、仕事の楽しさ、成長に効きうるストレス経験に注目し、これらが能力向上に与える影響について検討している.

主要業績

  • (伏木田稚子,山内祐平と共著)「大学生のクラブ・サークル活動への取り組みがキャリアレジリエンスに与える影響」『日本教育工学会論文誌』42巻 1号,2018年,pp.1-14
  • (伏木田稚子,山内祐平と共著)「大学生の準正課活動への取り組みがキャリアレジリエンスに与える影響:他者からの支援や学生の関与を手掛かりに」『日本教育工学会論文誌』43巻 1号,2019年,pp.1-11
  • (伏木田稚子,山内祐平と共著)「準正課の理系プロジェクトにおいて 学生が抱える困難に関する探索的検討」『日本教育工学会論文誌』43巻 Suppl.号,2020年,pp.101-104
  • (池尻良平, 鈴木智之, 城戸楓, 土屋裕介, 今井良, 山内祐平と共著)「若年労働者のジョブ・クラフティングと職場における能力向上」『日本教育工学会論文誌』44巻 2号,2020年10月,pp.203-212
  • 「正課外活動の教育効果と今後の研究課題」『工学教育』69巻1号,2021年1月,pp.5-10
  • (伏木田稚子,山内祐平と共著)「準正課プロジェクトにおける組織風土が学生の関与に与える影響」『日本教育工学会論文誌』44巻 Suppl.号,2021年2月,pp.113-116.
  • (鈴木智之, 池尻良平, 山内祐平と共著)「若年労働者のパーソナリティ特性表現に関する共通性と独自性:職場における活躍と伸び悩みに着眼して」『質的心理学研究』20巻1号,2021年3月,pp.7-31