東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

 

研究会・セミナー案内 (今後の開催予定)

※研究会・セミナーの開催場所の詳細は、このページ下部の「主要開催場所」、あるいは各リンク先をご参照ください。

2018年

日時 6月12日(火)15:00~16:40
※社研セミナーは原則として事前申込み不要、参加費は無料です。
場所 センター会議室(赤門総合研究棟5F
タイトル What are Ethnic Quotas? A Typology of Parliamentary Representation Mechanisms for Ethnic groups, Minority Nations and Indigenous Peoples
担当講師 Jackie F. Steele(社会科学研究所)
報告要旨

 Who rules matters. Which groups can access political power shapes how political elites behave, how members of underrepresented groups feel about themselves, their political engagement, citizens’ perceptions about the quality of democratic government, and even political stability and social cohesion. Yet, we have a limited understanding of the mechanisms and policies that shape the representation of ethnic groups, indigenous peoples, and minority nations, nor of their perceived effects in terms of identity reification and conflict resolution over the short to long term. Using the terms ‘ethnicity’ and ‘ethnic’ in their broadest possible sense (e.g., Hughes 2011; Ruedin 2009), an ethnic group is defined both by ancestry (decent) and by politicized group identification, and may share territory, culture, language, religion, or a combination of these.

 One central obstacle to research in this area is the lack of a multi-disciplinary conversations across scholars in political theory, political science, electoral systems, constitutionalism, indigenous studies, postcolonialism, and/or the sociology of ethnicity who may work on only selected categories of groups or countries/regions wherein these groups (ethnic minorities, national minorities, indigenous peoples, minority nations) are concentrated and exert political influence in representative politics. Without a holistic conceptual framework and typology to guide cross-national data and analyses, empirical counting of policies and legal mechanisms differs vastly in the published literature.

In this Seminar, I will introduce an emerging typology developed with collaborators (Elin Bjarnegard, Uppsala; Melanie Hughes, Pittsburgh) in the Designing Political Diversity Database Project and that guides a broader project of cataloguing codified measures for the political representation of ethnic groups, minority nations and indigenous peoples in national parliaments worldwide.

 (今回のセミナーは英語での報告となります)

日時 7月10日(火)15:00~16:40
※社研セミナーは原則として事前申込み不要、参加費は無料です。
場所 センター会議室(赤門総合研究棟5F
タイトル なぜ中国でイノベーションと社会実装が加速しているのか?
担当講師 伊藤亜聖(社会科学研究所)
報告要旨

 中国は一人当たりGDPでは中所得水準にあり、研究開発投資額の総額は世界第二位ながらも、米国よりは少ない。にもかかわらず、中国では先進国以上にモバイル決済が普及し、それを新たなインフラとしてオンラインとオフラインをつなぐ様々な新サービスも登場している。中国で進むのは基礎研究や製品開発の能力の向上だけではない。注目が必要なのは、新たな情報通信技術を活用して、社会にこうした技術を埋め込み、新サービスとしてビジネスを回していくメカニズムである。本報告ではこのような現象を仮に「社会実装型のイノベーション」と呼んで、中国におけるデジタルプラットフォーム、制度・政策・規制、地方間競争、後発性の効果などの観点から検討を加える。

問合せ先 社会科学研究所 研究戦略室

主要開催場所

設備名 社研内配置
第一会議室 社会科学研究所1F
ミーティングルームB 社会科学研究所1F
センター会議室 赤門総合研究棟5F
センター作業室 赤門総合研究棟5F