FAQ

Q なぜ、わざわざ英語で本を書かねばならないのでしょうか?
東京大学のスタッフであるということは、世界的に卓越した大学の一つに所属する研究者であり、あなたの研究が重要であることを意味します。英語で本を出版することは、大学にとってのみならず、あなたのキャリアや個人的評価にとっても有益です。また、東京大学のスタッフにとって、学界において長く支配的だった西洋的な視座に代わる見方を示す役割をはたすことが重要です。
Q 海外の出版社は、本当に私の研究に興味を持ってくれるでしょうか?
大丈夫です。出版社は毎年新しい本を出版しなければならないため、喉から手が出るほど原稿を欲しています。さらに、近年の顕著な傾向として、主要な出版社は刊行リストに非西洋圏の書籍を加えるようにしています。現在は、英語で本を出すのに最適な時期なのです。
Q 英語で書く自信が十分にないのですが、どうしたら英語で本を書けるでしょうか?
英語で書く能力を身につける一番の近道は、書きながら学ぶことです。私たちはそれをサポートします。本事業は、英語で本を書くのに必要な支援を得るためのまたとない機会です。この機会をぜひご活用ください。
Q 英語で本を書くことを考えたいと思いますが、どのように始めたらいいのでしょうか?
まず私たちのところに来て、話すことです。それが初めの一歩です。
Q 本のアイデアだけならあるのですが。
すべての書籍はアイデアから始まります。あなたのアイデアをしっかりした提案書(Book proposal)へと発展させるお手伝いをいたします。
Q 既にある自著を英語に翻訳することは可能でしょうか?
可能です。原則的には、最初から英語で書き始める方がしばしば望ましいのですが、既にある日本語の本を基に、新たにより良い本を英語で出版することもできます。
Q 既にある一連の論文をまとめて、一冊の英語の本にすることはできますか?
可能です。そのようにして生まれた最善の本もあります。ただし、論文をまとまりのある書籍の水準にするためには、一定の編集作業が必要になります。
Q 翻訳や編集に対する支援はあるのでしょうか
予算に限界はありますが、翻訳や編集作業などの支援が必要な場合は、ふさわしい翻訳者を紹介するなど、できるだけの支援をします。
Q この事業から支援を受けられるのは誰でしょうか?
東京大学において人文・社会科学分野の研究活動を行っている研究者が本事業の対象者です。具体的に我々が想定しているのは、教授、准教授、助教、講師、特任研究員、日本学術振興会特別研究員(PD)です。
Q 東京大学の所属ではない共著者との本についても、支援してもらえるでしょうか?
主要な著者が東京大学所属の研究者であれば大丈夫です。
Q 提案書(Book proposal)を書く際に支援してもらえるでしょうか
もちろんです。目下のところ、それが私たちの仕事の中心となります。私たちは査読者や編集者、指導教員として多くの経験を持っています。提案書を書き始めたいという方を支援します。
Q 提案書(Book proposal)に対する査読報告書が送られてきました。どのように回答したらよいでしょうか?
これも私たちができる重要な支援の一つです。査読者からのフィードバックや、関連する出版社からの指示を理解することは重要なことです。否定的なコメントが強調されがちですが、適切に回答するコツがありますので、お手伝いします。
Q 英語で書籍を出版する場合は、必ず英文図書刊行支援事業を通さないといけないのでしょうか?
私たちは英文図書刊行をチェックしているわけではありませんので、提案書や原稿を出版社に送るのを妨げることはありません。ただし、私たちには英文図書刊行プロセスの知識や経験、出版社との人脈がありますので、あなたの成功の可能性を高めるお手伝いをすることができます(「出版までの手順」もご参照ください)。
Q 自分の分野では、書籍は専門雑誌の査読論文と比べてあまり重要でないので、時間の無駄ではないでしょうか?
すべての研究分野の最高の研究者たちは本を出版しており、それがその分野における彼ら・彼女らの地位を確固たるものにしています。これは経済学、法学など、雑誌論文に比重を置く諸分野についても同じことが言えます(主要大学の各部局のトップ研究者のプロフィールを見てください)。本を出すことで、雑誌論文では不可能な広さと深さでテーマを追究することができます。そのことによって、あなたは各分野の指導的研究者であると認められるのです。
Q 私のキャリアでは、英語での書籍化を目指すには早すぎるのではないでしょうか?
むしろ逆です。有名出版局からの書籍出版を履歴書に加えることは、採用や昇進を決める際の重要な要素となります。
Q もうすぐ退職するので、英語での書籍出版は遅すぎるのではないでしょうか?
あなたは、長年をかけて培ってきた豊富な経験や深い知識において卓越した、熟練した研究者です。必ずや価値のある書籍を生み出すことができます。ご自身の研究人生の集大成として英語の著作を刊行し、学術界に語り継がれる作品を残しましょう。
Q 今でも多忙を極めているのに、どうすれば英語での執筆時間を見つけられるでしょうか?
この点についても、例えば、資金を獲得し、職場の同僚と交渉することなどに関して支援を提供することで、執筆時間を確保するためのお手伝いをすることが可能です。
Q 自分の研究分野に興味を持つ出版社がどこにも見つからないときは、どうすればいいでしょうか?
出版社や潜在的読者に、あなたが自分の研究に感じているのと同じ情熱を抱かせることは可能です。あなたがなぜその研究を面白いと思ったのか、なぜあなたはその分野に時間を使ったのかをうまく伝えれば、必ず出版につながります。そのお手伝いをいたします。