2012年度の活動

名称 産業社会部会研究会
開催日時 2013年3月 6日(水) 13:00~
報告者

報告1:松島茂(東京理科大学)「ミャンマーとラオスにおける企業家活動」

報告2:植田浩史(慶應義塾大学)「東大阪地域の中小企業と産業集積」

司会:末廣昭

コメンテーター:丸川知雄

場所

東京大学社会科学研究所
第一会議室(108号室)


名称 対外援助部会研究会(3)
開催日時 2013年2月26日(火) 18:00~
報告者

場所及び報告タイトルが変更になりました

栗本英世(大阪大学人文科学研究科)

「戦中・戦後のスーダンと中国」

「南スーダンの社会と政治―歴史と現在」

 

(1月開催予定だった内容を、日を改めて開催いたします)

場所

世界平和研究所七階会議室

駒場キャンパス

18号館4階コラボレーションルーム3

 


名称 中国雑豆研究会講演会(3)
開催日時 2013年2月18日(月) 10:00~12:30
タイトル

中国雑豆研究会講演会(3)

報告者

テーマ:「中国東北の緑豆・小豆生産と流通・加工・貿易」
報告者:劉笑然研究員(中国吉林省糧食経済学会秘書長)

場所

東京大学社会科学研究所
赤門総合研究棟
5階
センター会議室(549)

(東大本郷キャンパス赤門を入って右手の建物5階南西角)


名称 産業学会自動車産業研究会
開催日時 2013年2月 9日(土) 18:00~21:00
タイトル

東部地区12 年度第6回研究会

報告者

1.報告

「データから見る最近の中国自動車事情」

 報告者:山口安彦 (元本田技研工業株式会社)


2.書評会

富野貴弘著『生産システムの市場適応力 時間を巡る競争』を書評

評者:糸久正人(東京大学ものづくり経営センター)、中山健一郎(札幌大学)

座長:上山邦雄(城西大学経済学部)/田島俊雄(東京大学社会科学研究所)

場所

東京大学社会科学研究所
赤門総合研究棟
5階
センター会議室(549)


名称 対外援助部会研究会2(共催)
開催日時 2013年2月 5日(火) 18:00~
報告者

報告1.

川島真(東京大学)「“南博”(中国・ASEAN南寧博覧会)をめぐって」

報告2.

大庭三枝(東京理科大学)「東アジア地域協力の現状―日中韓センター(ソウル)・駐ASEAN日本・中国代表部訪問報告―」(仮題)

場所

駒場キャンパス

18号館4階コラボレーションルーム2


名称 対外援助部会研究会
開催日時 2013年1月29日(火) 18:00~
報告者

急きょ、下記の内容に変更させていただきました、ご了承ください。

阪本拓人(東京大学)「IGADと北東アフリカの国際関係」

川島 真(東京大学)「中国外交における北東アフリカ」

栗本英世(大阪大学人文科学研究科)

「南スーダンの社会と政治―歴史と現在」

場所

駒場キャンパス

18号館1階メディアラボ2


名称 中国雑豆研究会講演会(2)
開催日時 2013年1月 7日(月) 13:00~15:00
タイトル

・テーマ:中国内蒙古自治区および吉林省の雑豆生産・流通・消費

報告者

張馨元(東京大学社会科学研究所)
暁 剛(明治大学大学院農学研究科博士課程)

場所

東京大学社会科学研究所1F第1会議室


名称 産業学会自動車産業研究会東部地区研究会
開催日時 2012年12月18日(火) 18:00~21:00
報告者

報告1:「近年の中国資本の海外投資の実態―M&A、株式投資(政府系ファンド)を中心に」
報告者:依田光広(国際経済研究所主席研究員)


報 告 2:「販売金融事業者から見たインドネシア自動車業界の動向」
報告者:木村将裕(住友商事㈱自動車米州アジア部プロジェクト・マネージャー)

コメンテータ:丸川知雄、藤井真治
座 長:上山邦雄(城西大学経済学部)

場所

東京大学社会科学研究所
赤門総合研究棟
5階
センター会議室(549)


名称 中国雑豆研究会講演会(1)
開催日時 2012年12月17日(月) 13:00~
報告者

石塚哉史(弘前大):小豆における地域ブランド戦略の現段階と課題(仮題)

場所

東京大学社会科学研究所

ミーティングルームB


名称 アジア自動車シンポジウム
開催日時 2012年12月 1日(土) 13:00-17:00
タイトル

『インドネシアは自動車大国になれるか―オートバイユーザーが自動車購入者に転換するプロセスを探る―』

報告者

報告者:塩地洋(京都大学大学院経済学研究科教授)、大原盛樹氏(龍谷大学経済学部准教授)、木村将裕氏(住友商事自動車米州アジア部)、野村俊郎(鹿児島県立短期大学教授)、西村竜氏(ジャパン・バイク・オークション社長)、山本肇氏(IHSオートモーティブ バンコク事務所代表)、藤井真治氏(元アストラ・モーターズ 副社長)。

主催:京都大学東アジア経済研究センター。共催:東京大学ものづくり経営研究センター、東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点、京都大学人文科学研究所付属現代中国研究センター。後援:京都大学東アジア経済研究センター協力会。

詳細についてはこちらをご覧ください。

場所

■京都会場  2012年11月3日(土) 13時

     京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール

■東京会場  2012年12月1日(土) 13時

    京都大学東京オフィス(品川インターシティA棟27階)


名称 「戰後臺灣歷史的多元鑲嵌與主體創造」工作坊(四)(經濟組)
開催日時 2012年11月24日(土) 9:00-16:00
報告者

峰毅、加島潤、蕭明禮、湊照宏、洪紹洋、陳家豪、莊濠賓。

詳細はこちらをご覧ください。

場所

臺灣・中央研究院臺灣史研究所


名称 社研セミナー
開催日時 2012年11月13日(火) 14時50分-16時30分
タイトル

『中国財政システムの歴史的展開』

詳細はこちらをご覧ください。

報告者

加島潤 (横浜国立大学 准教授)

場所

東京大学社会科学研究所
赤門総合研究棟
5階
センター会議室(549)


名称 アジア政経学会・東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点共催セッション
開催日時 2012年10月14日(日) 15:00-17:30
タイトル

"What does '1972' mean to the Sino-Japanese relations?"

報告者

報告者:Lam Peng Er(国立シンガポール大学)、Yang Daqing(ジョージワシントン大学)、Lin Cheng-yi(中央研究院欧米研究所)。

コメンテーター:井上正也(香川大学)、関山健(明治大学)。

場所

場所:関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス


名称 中国経営管理学会・東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点共催セッション
開催日時 2012年6月23日(土) 13:30~16:20
場所

立正大学大崎キャンパス411教室

内容

中国経営管理学会との共催で、講演会「激しい競争にどう立ち向かうか――中国の企業家との対話」を開催いたします。中国の電機産業の激しい競争のなかで広東省から頭角を現している2 社の企業家を招聘し、企業の発展の経緯と競争戦略についてじっくり話を伺います。詳しくはこちらをご覧ください。

本講演会は中国経営管理学会の会員以外の方も参加可能です。参加を希望される方はkyotenccs※iss.u-tokyo.ac.jp (※は@に置き換えてご利用ください) にご一報ください。


名称 「並木頼寿文庫」除幕式および「東亜論壇:明清以来的中国」シンポジウム
開催日時 2012年5月19日(土) 2012年5月19日(土)9:00~18:00、5月20日(日)9:00~12:00
場所

上海・復旦大学邯鄲キャンパス逸夫科技楼多功能庁

内容

故並木頼寿教授(東京大学大学院総合文化研究科、2009年8月4日逝去。元拠点メンバー)の残された約2万冊の蔵書がご遺族により復旦大学歴史系に寄贈され、このたび「並木頼寿文庫」として光華西主楼8階に設置されます。 このお披露目を兼ね、同大歴史系主催により標記シンポジウムが開催されます。 よろしくご参加ください(準備の都合上、参加者は下記アドレス宛、ご一報ください、詳細はこちら)。 


連絡先:東京都文京区本郷 7-3-1 
         東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点 
          kyotenccs※iss.u-tokyo.ac.jp 
           (※は@に置き換えてご利用ください) 



(更新日:2013年2月 6日)