東京大学 社会科学研究所「子どもの生活と学び」研究プロジェクト

東京大学 社会科学研究所

研究成果一覧

カテゴリー

書籍

2020年度

著者

タイトル

出版社

年月

東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所編

子どもの学びと成長を追う―2万組の親子パネル調査の結果から

勁草書房

2020年9月

論文

2021年度

著者

タイトル

掲載雑誌・書籍

年月

森いづみ

中学受験による進学が学業と学校生活に及ぼす影響──公立小学校から国私立中学・公立中高一貫校への進学による変化

SSJDA Research Paper Series No.77

2021年8月

苫米地なつ帆

家族的背景と子どもの生活の関連──「お金」と「勉強」についての家庭内ルールに着目して

SSJDA Research Paper Series No.77

2021年8月

猪原敬介

読書量と語彙力の相関関係──子どもの生活と学びに関する親子調査と国内先行研究との比較

SSJDA Research Paper Series No.77

2021年8月

木村治生

望ましい学習意欲や学習方略は学業成績を高めるのか──交差遅延効果モデルを用いた検討

SSJDA Research Paper Series No.77

2021年8月

岡部悟志

読書は国語の成績を上げるか ── 重回帰分析

耳塚寛明監修、中西啓喜編著 『 教育を読み解くデータサイエンス ―― データ収集と分析の論理 』 第 13 章
ミネルヴァ書房

2021年5月

木村治生

COVID 19 が子どもの学習に与えた影響

『小児医科』第54号1巻

2022年1月

木村治生

ダイアド・データを用いて親子のリアリティを把握する―「子どもの生活と学びに関する親子調査」の試みから

『社会と調査』第28号

2022年3月

2020年度

著者

タイトル

掲載雑誌・書籍

年月

岡部悟志

コロナ禍の子どもたちを追う社会調査の意義

『社会調査NOW』オピニオン
一般社団法人社会調査協会

2020年12月

須藤康介

KYとアクティブ・ラーニング

須藤康介『学習と生徒文化の社会学-質問紙調査から見る教室の世界』
みらい

2020年9月

須藤康介

ゲーム時間が成績と睡眠時間に与える影響 全国小中高生のパネルデータ分析から

『明星大学研究紀要―教育学部』第11号

2021年3月

木村治生

コロナ禍における中学生の学習-休校は家庭環境による教育格差を広げたか

『チャイルドサイエンス』第21号
日本子ども学会

2021年3月

2019年度

著者

タイトル

掲載雑誌・書籍

年月

木村治生

低所得世帯の高校生の進路選択―パネルデータを用いた「貧困の連鎖」に関する検討

『チャイルドサイエンス』第18号 
日本子ども学会

2019年9月

2018年度

著者

タイトル

掲載雑誌・書籍

年月

木村治生

子どもの生活と学びに関する親子調査

『社会と調査』No.22 
一般社団法人社会調査協会

2019年3月

橋本尚美・邵勤風・須藤康介

学校適応と将来展望が「勉強好き」の変化に与える影響――初期値モデルと連動モデルの比較検討

『明星大学教育学部研究紀要』第9号 
明星大学教育学部

2019年3月

橋本尚美

親子パネル調査から探る『自己肯定感』を高める要素とは

『英語教育』第67巻第10号 
大修館書店

2018年12月

太田昌志

子どもの投票意欲と内的政治的有効性感覚
――小学生から高校生の親子データの分析

『〈教育と社会〉研究』第28号 
一橋大学〈教育と社会〉研究会

2018年9月

香川めい

親子のかかわり方と学業成績
――家庭内ソーシャル・キャピタルの教育効果

佐藤嘉倫編『ソーシャルキャピタルと社会』 
ミネルヴァ書房

2018年6月

2017年度

著者

タイトル

掲載雑誌・書籍

年月

須藤康介

アクティブ・ラーニング型の授業方法への適応と格差
――学校段階および児童・生 徒のコミュニケーション様式に着目して

『明星大学教育学部研究紀要』第8号 
明星大学教育学部

2018年3月

2016年度

著者

タイトル

掲載雑誌・書籍

年月

Ishida, Hiroshi

Everyday Life and Learning of Children:
How Do Japanese Children Live and What Do Japanese Children Learn?

Social Science Japan No.56

2017年3月

Kimura, Haruo

Attaining Self-reliance in Uncertain Times:
Children and Parents Share Their Experiences

Social Science Japan No.56

2017年3月

Ota, Masashi

Children's Abilities and Parents' Socio-Economic Backgrounds

Social Science Japan No.56

2017年3月

Tomabechi, Natsuho

Factors Affecting the Creation and Alteration of Family Rules for Children

Social Science Japan No.56

2017年3月

Kagawa, Mei

How Well Do We Know Our Children?:
The Connection Between Parenting Style and Understanding

Social Science Japan No.56

2017年3月

Okabe, Satoshi

Understanding Parental Involvement in Children's Education

Social Science Japan No.56

2017年3月

香川めい

受験は成長の機会だった 
 ――学習時間と成長実感

IDE現代の高等教育 No.579

2016年4月

学会報告・講演

2021年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

大﨑裕子

コロナ禍における中高生と保護者の社会意識:子どもの生活と学びに関する親子調査(JLSCP)から

東アジア日本研究者協議会第5回国際学術大会,企画パネル「COVID-19パンデミック下の日本社会の経験と社会科学研究」
(オンライン開催)

2021年11月

2020年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

大﨑裕子

学校信頼の規定要因に関する基礎的分析──「子どもの生活と学びに関する親子調査」から──

第70回数理社会学会大会
@慶応義塾大学(オンライン開催)

2021年3月

Ishida, Hiroshi

Compensatory Advantage in Early Educational Attainment Process: Do Advantaged Families Compensate for the Impact of Negative Events on Achievement?

IV ISA Forum of Sociology,
virtual conference

2021年2月

野﨑友花

子どもの生活と学びプロジェクトについて-調査設計、調査対象・内容、特徴と課題

第20回パネル調査・カンファレンス(慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター主催)
(オンライン開催)

2020年12月

須藤康介

ゲーム時間が成績と睡眠時間に与える影響-JLSCP2015-2019データを用いて-

日本教育社会学会第72回大会
(オンライン開催)

2020年9月

石田浩

出身家庭の社会経済的環境と子どもの発達―「子どもの生活と学びに関する親子調査(JLSCP)」の分析―

日本教育社会学会第72回大会
(オンライン開催)

2020年9月

2019年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

岡部悟志

親子パネル調査(JLSCP2015-2018)のサンプル脱落の実態とその特徴

第92回日本社会学会大会
@東京女子大学

2019年10月

○岡部悟志・木村治生・邵勤風・橋本尚美・野﨑友花

中学生のマインドセットが学習成果に与える影響―JLSCPを用いて―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

大﨑裕子

進路希望に関する親子の意識の分析―JLSCP2015-2018 をもちいて―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

○邵勤風・木村治生・橋本尚美・岡部悟志・野﨑友花

学習方略が学習成果に与える影響―JLSCPの分析から―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

○野﨑友花・木村治生・邵勤風・橋本尚美・岡部悟志

母親の就業と親子のかかわり―JLSCPの分析から―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

○橋本尚美・木村治生・邵勤風・岡部悟志・野﨑友花

子どもの生活習慣が学習意識・行動に与える影響―JLSCPの分析から―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

Osaki, Hiroko

Comparison between Children's and Parents' Educational Aspirations Based on Longitudinal Dyadic Data

The 8th Conference of the European Survey Research Association
@University of Zagreb

2019年7月

2018年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

大﨑裕子

パネルデータをもちいた親子の教育アスピレーションの分析

第67回数理社会学会大会
@立命館大学

2019年3月

橋本尚美

『子どもの生活と学び』研究プロジェクト-親子パネル調査について-

東大社研パネルシンポジウム2019 第二部:シンポジウム「東大社研とパネル調査」
@東京大学

2019年2月

○岡部悟志・木村治生・邵勤風・橋本尚美

中学生のマインドセットと学習・進路希望―JLSCP2017調査より―

日本教育社会学会第70回大会
@佛教大学

2018年9月

○橋本尚美・木村治生・邵勤風・岡部悟志

子どもの勉強の好き嫌いの変化とその要因―JLSCP2015-2017調査より―

日本教育社会学会第70回大会
@佛教大学

2018年9月

2017年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

香川めい

家庭での親子の相互関係と学業成績
――JLSCPデータを用いて

第90回日本社会学会大会
@東京大学

2017年11月

須藤康介

アクティブ・ラーニング型の授業方法の適応と格差
―JLSCP2015-2016データを用いて

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

○橋本尚美・前馬優策・松浦加奈子・濱沖敢太郎・邵勤風

小中移行期の勉強の好き嫌いに関する子どもの認識枠組みの解明
―JLSCP2015-2016 追跡インタビュー調査より―

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

岡部悟志

親のかかわりと子の学習(JLSCP2015-2016)
―親の認識と子の認識、短期効果と長期効果に着目して―

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

○木村治生・邵勤風・岡部悟志・橋本尚美

低所得層の子どもたちの学習に関する意識と行動
―JLSCP2015-2016調査にみる「貧困の連鎖」の要因―

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

○邵勤風・橋本尚美

小中高校生の親のかかわりとそれに影響を与える要因
―JLSCP2015-2016調査を用いて―

第27回日本家族社会学会大会
@京都大学

2017年9月

太田昌志

子どもの政治に対する積極性
―JLSCP2016を用いた小学生から高校生の親子データの分析―

第64回数理社会学会大会
@札幌学院大学

2017年9月

2016年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

Kagawa, Mei

There is a Life Outside of School: Social Space of Children's Everyday Life

The 13th Japanese-German Frontiers of Science Symposium, Potsdam, Germany
@Steigenberger Hotel Sanssouci

2016年10月

○木村治生・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

文系・理系の認知に影響を与える要因
―JLSCP2015調査を用いて―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

○岡部悟志・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

親のかかわりと子の学習
―JLSCP2015調査を用いて―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

○太田昌志・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

能力認知と進学期待に関する親子の一致/不一致
―JLSCP2015を用いた検討―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

○香川めい・○橋本尚美・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

子どもの生活経験・体験の構造
―JLSCP2015データを用いて―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

プレスリリース・速報版

2020年度

タイトル

年月

ダイジェスト版

「子どもの生活と学びに関する親子調査2020」ダイジェスト版

2021年3月

2019年度

タイトル

年月

ダイジェスト版

「子どもの生活と学びに関する親子調査2018」ダイジェスト版

2019年9月

2018年度

タイトル

年月

速報版

「子どもの生活と学びに関する親子調査2017」速報版

2018年5月

プレスリリース

「子どもの生活と学びに関する親子調査2017」結果速報
勉強や目標が「自己肯定感」に影響
保護者や先生の働きかけで高められる可能性

2018年5月

2017年度

タイトル

年月

速報版

「子どもの生活と学びに関する親子調査2015-2016」速報版

2017年4月

プレスリリース

「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」結果速報
学習における「中2問題プロブレム」 中2生は勉強嫌いが約6割
大規模な追跡調査で判明した「勉強が好きになった子」の特徴とは

2017年4月

2015年度

タイトル

年月

速報版

「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」速報版

2016年3月

プレスリリース

「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」結果速報
5割の保護者が「将来、子どもが自立できるか不安」保護者の「励まし・応援」が、子どもの行動力や将来の目標を持つことにつながる

2016年3月

ダイジェスト版

「高校生活と進路に関する調査」ダイジェスト版

2015年11月

プレスリリース

「高校生活と進路選択に関する調査」
~高3生の9割が高校生活を振り返って成長を実感~

2015年11月