所員の著書

平島健司
『ドイツの政治』
(東京大学出版会, 2017年3月)

2017.8.3更新

ドイツの政治

序 章

  • 欧州債務危機とドイツの国内政治
  • ヨーロッパのドイツか, ドイツのヨーロッパか
  • 国家統一と「半主権国家」

第1章 「半主権国家」の形成――占領と連邦共和国の成立

  • 分権化された国家,集権化された社会,両者を結ひ守つける結節点
  • 占領期――連邦共和国の前史
  • 州,政党,社会パートナーシップの形成

第2章 「半主権国家」の国家

  • 基本法の条文と現実の国家
  • 「社会保険国家」の再興
  • 「協調的連邦制」の形成――連邦制国家の発展
  • 「法治国家」と連邦憲法裁判所

第3章 政党と政党システム

  • 「半主権国家」と政党
  • 連邦における政党システム
      1. 初期の政党システム (1949年~1961年)
      2. 3党システムの時代 (1961年~1983年)
      3. 4党システムから「流動的5党システム」へ (1983年~)
  • 二大政党と連邦参議院
  • 国家と社会を媒介する結節点としての政党

第4章 「半主権国家」とコーポラティズム

  • 準公的制度
  • 国家のコーポラティズム化戦略
  • コーポラティズムとその変容
      1. キージンガ一大連合政権の制度改革
      2. プラント,シュミット両政権の経済運営
      3. コール政権の経済運営

第5章 「半主権国家」と国家統一

  • 統一の政治過程
  • 統一後の政治過程――常態への回帰
  • 統一後の「半主権国家」

第6章 社会国家の変容

  • 国家統ーから「構造改革」へ
  • 「構造改革」の達成
      1. 改革への着手の遅れと政権交代
      2. 「リースター年金」の導入
      3. 「ハルツⅣ」改革の達成
      4. 「保健基金」の新設
  • 「改革の軌跡」が描かれたメカニズム

第7章 東部建設の継続と連邦制改革

  • 国家統ーが残した連邦制の課題
  • 「連帯協定Ⅱ」の締結と「基準法」の制定,財政均衡制度の改定
  • 連邦制改革Ⅰ
  • 連邦制改革Ⅱ

第8章 移民・難民政策

  • 新しい政策領域の成立
  • 「外国人政策」の限界
  • 赤緑政権による改革――国籍法の改正と移住法の制定
  • 社会統合への長い道

終章

  • 「半主権国家」は変化したのか
  • 変化の第1の動因は何か
  • 二大政党の役割
  • 連邦首相のリーダーシップ
  • 「半主権国家」の行方
文献一覧
あとがき
索引(人名・事項)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。