活動の基礎

自己点検・外部評価

恒常的外部評価

 社会科学研究所は、かねてから「恒常的外部評価」という考え方にもとづいて、研究所の活動の全容をさまざまなチャネルをつうじて対外的に公表し、外部からの批判的評価を受け、それを研究所の運営・活動の改善に資することをめざしてきました。

 そのようなチャネルのひとつは『東京大学社会科学研究所年報』です。社会科学研究所は、1964年から自己点検のための部内資料として『研究実績並びに計画』を刊行していましたが、1991年に編集上の改善を加えつつ『東京大学社会科学研究所年報・実績と計画』と名称を改め、学内外の関係機関に配布することとしました。1998年からは、外部からの評価・助言を得るための資料という趣旨をいっそう明確にするためにさらに編集を改善し、名称も『東京大学社会科学研究所年報』に改めて今日に至っています。

 近年では、ホームページをつうじて研究所の活動についての情報を日常的に発信することにも力を入れています。

教授の業績評価

 個々の研究スタッフの毎年の活動実績は、研究所年報において公表されているほか、研究業績についてはホームページにおいても公開されています。

 これとは別に、社会科学研究所は、1999年の教授会決定にもとづいて、教授任用後の業績評価を実施しています。それによれば、教授任用から10年を経過した者は、任用後の期間についての「研究活動報告書」に業績一覧を付して所長に提出し、所長はこれらをもとに若干名の外部の研究者に業績評価を依頼する、業績評価の結果は教授会メンバーに公開するとともに本人の自己点検に資する、という手続で外部評価を行うことになっています。研究活動報告書および評価者の氏名は研究所年報において公開し、2003年度実施分からは、研究活動報告書をホームページにも掲載しています。1999年度に7名(特例として教授任用から7年を経過した者を対象)について実施して以来、2004年度までにこの制度によって13名の教授が外部評価を受けています。

外部評価

 以上のような「恒常的外部評価」という考え方を基礎としつつ、1999年度には、社会科学研究所の目的・組織・運営・研究教育活動の総体についての外部評価を行いました。そこでは、研究所の現状と展望、組織と活動、および各研究スタッフの研究活動についての自己点検・自己評価報告書である『東京大学社会科学研究所の現状と課題』を作成し、これをもとに、国内外の8名の研究者からなる外部評価委員会に評価をお願いしました。また、全所的プロジェクト研究および日本社会研究情報センターについては、それぞれ専門家パネルを組織し、独自に外部評価をしていただきました。これらの外部評価の結果は、自己点検・自己評価報告書および関連資料とともに『東京大学社会科学研究所外部評価報告書』(2000年3月)として刊行されました(その中心部分は、ホームページにも掲載されています)。

 2004年度には、設置から10年目を控えた日本社会研究情報センターについての将来構想を示しつつ、その外部評価を実施しました。同じく国内外の5名の専門家からなる外部評価委員会の報告書は、自己点検報告書とともに『東京大学社会科学研究所附属日本社会研究情報センター外部評価報告書』(2005年4月)として刊行されています。


 社会科学研究所は、以上のような形で自己点検および外部評価を実施しています。社会科学系研究所としての社会科学研究所の評価は、個々の研究スタッフの活動の総和について、さらに、そのような総和を超えた組織としての研究所の諸活動について行われなければならないでしょう。また、法学・政治学・経済学・社会学などの学問分科を横断していることを特徴とする組織であることに留意して、評価の対象とされる必要があります。このような研究所にふさわしい評価のあり方はどのようなものであるべきか、自ら探求するとともに、それを世に問うてゆかなければなりません。

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。