研究スタッフ

田中隆一(TANAKA Ryuichi)

2016-05-17 更新

所属部門 比較現代経済部門 准教授
専門分野 労働経済学・教育経済学

経歴

2015年4月- 東京大学社会科学研究所准教授

2015年度以降の業績

学術書

  1. 『計量経済学の第一歩:実証分析のススメ』有斐閣.

学術論文

  1. 「子育て支援政策が居住地選択と出生行動に与える影響について」(中嶋亮との共著)『季刊 住宅土地経済』98号,20-27頁.

2014年度までの主要業績

  1. “On the Role of Job Assignment in a Comparison of Education Systems” (with Katsuya Takii), Canadian Journal of Economics, 46, 1, 180-207 (2013).
  2. “A Cohort Study of Taxation Categories for Long-term Care Insurance Premiums and Mortality among Japanese Elderly” (with Yoshihisa Fujino, Tatsuhiko Kubo, and Shinya Matsuda), Journal of Epidemiology, 23, 1, 41-46 (2013).
  3. “Testing the Incentive Effects in Tournaments with a Superstar” (with Kazutoshi Ishino), Journal of the Japanese and International Economies, 26, 3, 393-404 (2012).
  4. “Are Contingent Jobs Dead Ends or Stepping Stones to Regular Jobs? Evidence from a Structural Estimation” (with Julen Esteban-Pretel and Ryo Nakajima), Labour Economics, 18, 4, 513-526 (2011).
  5. “TFP Growth Slowdown and the Japanese Labor Market in the 1990s” (with Julen Esteban-Pretel and Ryo Nakajima), Journal of the Japanese and International Economies, 24, 1, 50-68 (2010).
  6. “Does the Diversity of Human Capital Increase GDP?: A Comparison of Education Systems” (with Katsuya Takii), Journal of Public Economics, 93, 7-8, 998-1007 (2009).
  7. “Inequality and Education Decisions in Developing Countries” (with Catalina Gutierrez), Journal of Economic Inequality, 7, 1, 55-81 (2009).
  8. “The Gender-Asymmetric Effect of Working Mothers on Children's Education: Evidence from Japan,” Journal of the Japanese and International Economies, 22, 4, 586-604 (2008).
  9. “Timing of Trade Liberalization,” Journal of International Trade and Economic Development, 16, 4, 447-473 (2007).
  10. “Inequality as a Determinant of Child Labor,” Economics Letters, 80, 93-97 (2003).
  11. “Do Childbirth Allowances Matter for Fertility? Evidence from Japanese Health Insurance Data” (with Toshiaki Kouno, in Japanese), JCER Economic Journal (Nihon Keizai Kenkyu), Japan Center for Economic Research, 61, 94-108 (2009).
  12. “Estimating the Effects of Pronatal Policies on Residential Choice and Fertility”(with Ryo Nakajima), Journal of the Japanese and International Economies, 34, 179-200 (2014).

今後の研究テーマ

日本の労働市場の非正規化とその厚生分析 (Welfare analysis of Japanese labor markets with increasing share of contingent workers)
90年代の長期不況以降、日本の労働市場は大きく変容を遂げ、その一つは非正規労働者の増加である。90年代以降の労働市場の変化はどのようなものだったのか。どのような労働者が非正規労働を選択しているのか。非正規労働の厚生への影響はどのようなものか。これらの問いについて、定量的に分析を行う。
教育成果の決定要因分析 (Determinants of educational achievement)
学校教育の成果の一つとしての学力指標の決定要因は何か。学校資源、教員、指導方法、地域環境、家庭環境といった潜在的要因が与える効果を定量的に分析する。
移民の大量流入が公教育システムに与える影響について (On the effect of massive inflows of immigrants on education system of receiving countries)
移民の大量流入は、受け入れ国の様々なシステムに影響を及ぼす。受け入れ国の公教育システムの質に与える影響に着目をし、諸外国の経験から日本の移民政策のための知見を探る。

2016年度の教育活動

東京大学大学院 経済学研究科 「教育経済学」
東京大学大学院 教育学研究科 「大学経営政策各論(4)」
政策研究大学院大学 政策研究科 「計量経済学」「教育と労働の経済学」「教育政策分析演習I」
神戸大学大学院 経済学研究科 「教育経済学」
東京大学 教養学部 「本郷文系研究所フロンティア講義」
内閣府研経済社会総合研究所 『計量経済分析研修(パネル分析コース)』

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。