研究スタッフ

マッケルウェイン・ケネス (MCELWAIN, Kenneth Mori)

2016-05-13 更新

所属部門 比較現代政治部門 准教授
専門分野 比較政治制度・政党政治
e-mail mcelwain@iss.u-tokyo.ac.jp
個人ページ http://www.kennethmcelwain.com/

経歴

2015年6月- 東京大学社会科学研究所准教授

2015年度以降の業績

学術論文

  1. “What’s Unique About the Japanese Constitution? A Comparative and Historical Analysis”. Journal of Japanese Studies , 41.2, 2015, pp. 249-280 (with Christian Winkler).
  2. 「株価か格差か:内閣支持率の客観的・主観的要因」. 『レヴァイアサン』 57号, 2015秋, pp.72-95.
  3. “Who Tolerates Tax Increases? Age and Gender in the Raising of the Japanese Consumption Taxes” 『社会科学研究』 67巻2号, 2016 (with Gregory W. Noble)
  4. “Did Abe’s Coattails Help the LDP Win?” in Robert J. Pekkanen, Steven R. Reed, and Ethan Scheiner, eds. Japan Decides 2014: The Japanese General Election , Palgrave Macmillan, 2016, pp. 103-117.

2014年度までの主要業績

  1. “Voters and Parties”. (with Anne Wren) In C. Boix & S. Stokes (Eds.), The Oxford Handbook of Comparative Politics. Oxford: Oxford University Press. 2007, pp. 555-581.
  2. “Manipulating Electoral Rules to Manufacture Single Party Dominance”. American Journal of Political Science, 52(1), 2008, pp. 32-47.
  3. Political Change in Japan: Electoral Behavior, Party Realignment, and the Koizumi Reforms. (Co-Edited Steven R. Reed and Kay Shimizu) Palo Alto: Walter H. Shorenstein Asia-Pacific Research Center. 2009.
  4. “Party Democratization and the Salience of Party Leaders”. (with Michio Umeda) Journal of Social Science (Shakai Kagaku Kenkyu), 62(1), 2011, pp. 173-193.
  5. “The Nationalization of Japanese Elections”. Journal of East Asian Studies, 12(3), 2012, pp. 323-350.
  6. “Parties and Elections”. In J. Babb (Ed.), The SAGE Handbook of Modern Japanese Studies. London: SAGE Publications. 2014, pp. 367-391.
  7. “Party System Institutionalization in Japan”. In A. Hicken & E. Kuhonta (Eds.), Reexamining Party System Institutionalization through Asian Lenses. Cambridge University Press. 2014, pp. 74-107.

今後の研究テーマ

(1) 比較選挙制度分析
Comparative Electoral Systems
選挙制度が政党戦略や有権者意識に与える影響の分析。 また政治アクターがどのように選挙制度を有利に変革させていくかを考察。
(2) 比較憲法学
Comparative Constitutional Design
憲法典をデータ化し、計量分析を用いて研究する。憲法典の歴史的な沿革、地域・グローバルレベルの規範化、日本国憲法の世界的な位置づけなどを考察。特に憲法典の統治機構の明細化に注目する。

2016年度の教育活動

東京大学大学院
法学政治学研究科
「Comparative Political Party and Electoral Systems」
東京大学 教養学部
Programs in English at Komaba(PEAK)
「Society and Institutions I: Japan and the Governance of Democratic Market Economies」
Gregory Noble社会科学研究所教授と開講
早稲田大学 政治経済学部 「Political Process 01 “Introduction to Japanese Politics”」

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。