研究計画

本拠点の第2期(2012~2017年)では当面、経済部会、産業社会部会、経済外交部会、貿易部会の4つの部会ごとに研究活動を進める。

 

1. 経済部会

経済部会では、中国の製造業、農業、エネルギー産業に関する産業調査、および財政金融、地域経済に関するマクロ・セミマクロの調査(毎年予定)を行う一方、第1期から継続する社会科学研究所東アジア経済史研究会などを基礎とした国内での日常的な研究会活動を中心として研究を進める。

 

2. 産業社会部会

産業社会部会では、特定の産業が一つの地域に集中し、その内部で緊密な企業間分業が形成される産業集積に着目し、その形成・発展・衰退のメカニズムを解明するとともに、企業家のネットワークの構造を解明する。第1期に続き、中国各地の産業集積における実地調査を進めるとともに地理的データを用いた分析を深化させる。

 

3. 経済外交部会

経済外交部会では、中国のアフリカや中南米に対する経済外交を資源外交や政府開発援助の側面から解明するとともに、周辺諸地域への外交に着目し、現地からの視点を取り入れた実態把握を通じて、中国における政策決定過程とその世界戦略を分析する。またそこにおける秩序変容、ガバナンスのありようの変容についてもあわせて検討課題とする。

 

4. 貿易部会

貿易部会では、東南アジアに対する中国の対外経済戦略と貿易に関する研究を行う。前者については、中国と東南アジア諸国の国境貿易の進展や、インフラ整備の状況などの実態解明を目的とし、とくに大メコン圏(GMS)プロジェクトに注目して海外調査(各経済回廊の実地踏査)を中心に進める予定である。また、後者に関しては、貿易データの整理・分析を中心に研究を進め、第1期で整備した東アジア貿易データベースの更新作業を継続的に行う予定である。

 

研究活動の基本的単位は以上の4部会とするが、部会を横断した研究会やワークショップを頻繁に開催して連係を強めていきたい。また、第2期においては中国経済研究のフロンティアを開拓するとともに、研究成果を専門家以外にも広く還元する活動にも力を入れる。

 


※1 第一期の東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点のより詳細な研究計画については、
こちらのファイルをダウンロードの上、ご覧ください(PDF file、249KB)。

 
※2 第一期の他の拠点を含めた現代中国地域研究プロジェクト全体については、
こちらのファイルをダウンロードの上、ご覧ください(PDF file、454KB)。 

Research Organization

In this second five years, our Base set up research project on “Economic Development of China and East Asia in Long-run: The Trajectory and Prospects of Industrialization”, and we are running four major projects as below.

Research Group 1: Economic Development

This group conducts a series of studies on the agriculture, manufacturing industry, energy industry, and the fiscal and monetary system. The topics to be studied are:

(a)         Agriculture and rural problems in era of transition.

(b)         Macroeconomic policy and fiscal and monetary reform.

(c)         Historical development of the machine tools and energy industry.

 

Research Group 2: Industrial Agglomeration

This group focuses on the industrial agglomeration in China with a perspective of agglomeration economy, intra-regional division of labor, and the social network of entrepreneurs. The research will be conducted by:

(a)         Field research in China’s industrial districts

(b)         Quantitative analysis using geographic information system (GIS)

 

Research Group 3: Foreign Economic Relation and Diplomacy

This group investigates China's policy making process and its world strategy by field-based studies. The topics to be studied are:

(a)         China’s partnerships with Africa and Latin America, including economic diplomacy, official development assistance (ODA), and resource diplomacy

(b)         Structural change of regional order and governance.

 

Research Group 4: Transformation of Trade between China and South East Asia

This group examines foreign economic strategy and trade between China and ASEAN counties. The focuses of the second five-year term are:

(a)         The development of border trades and infrastructures in GMS (Greater Mekong Sub-region)

(b)         Quantitative researches on Intra-Asian trade using trade data set

 

The four groups act separately but interactively, with research activities and workshops conducted on a routine basis, as well as field survey and research exchange activities in China and elsewhere, and the publication of research findings. Further information on research activities and seminars is posted regularly on this website.

 

These research activities are supported by a secretariat, consisting of an Assistant Professor stationed full-time at the research office in ISS, as well as some Research Assistants. In addition, our field researches in China are supported by the ISS Beijing Research Base in the Institute of Economics of the Chinese Academy of Social Sciences (CASS).

 

The Base has also launched projects in the educational sphere. From the winter semester of 2007, a series of courses such as ‘Multiple Dimensions of Japan-China Relations’ and 'The Chinese Modern History, Revised' started for all graduate schools as the Japan-Asian Studies Program of the Asian Studies Network at the University of Tokyo (ASNET).