「書き直される中国近現代史(その2)」(平成21年度冬学期)

★本講座については、ASNETサイト内の日本・アジア学講座「書き直される中国近現代史(その2)」ページもご参照ください。


【授業概要】

2009年10月9日(金)開講

責任研究科: 大学院総合文化研究科/教養学部 
科目番号: 31M220-0934W(修士master)、31D220-0934W(博士doctor) 

担当教員:村田雄二郎

授業時間 Time: 冬学期・金曜日5限(16時20分-17時50分) Winter, 16:20-17:50 

場所 Venue: 駒場キャンパス・18号館1階メディアラボ2 
Media Lab.2, 1st Floor, Building No.18, Komaba Campus 

使用言語 Language: 日本語 Japanese 

内容:
昨年度は人物評価を中心に論じたが,第二弾となる本講義では,中国近現代史上発生した重要事件や運動に対する評価の変遷を通じて,現代中国の歴史観・歴史意識を切り取る。中国近現代史に対する若い世代の興味をかき立てるべく,なじみの素材を取り上げ,歴史に様々な見方があることをわかりやすく示すとともに,研究の最前線を紹介する。担当講師は学内教員ほか,外部からも若干名を招く。


【予定表】

10月9日
第一回 「ガイダンス」
「辛亥革命と民族問題──五族共和をめぐって」 
村田雄二郎(総合文化研究科)

※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF156KB)

10月16日
第二回 「清仏戦争とヴェトナム問題──属国関係をめぐって」 
岡本隆司(京都府立大学文学部)

※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF162KB)

10月23日
第三回 「1950年代『社会主義改造』の波乱と民族問題」 
平野聡(法学政治学研究科)

 ※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF190KB)

10月30日
第四回 「中国農村の道づくり運動」  
田原史起(総合文化研究科)

 ※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF185KB)

11月6日
第五回 「太平天国と客家ナショナリズム──革命か『邪教』か」 
菊池秀明(国際基督教大学)
 

 ※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF176KB)

11月13日
第六回 「抗日戦争とナチス・ドイツ」  
田嶋信雄(成城大学)

 ※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF248KB)

11月27日
第七回 「中国社会科学院経済研究所の80年」 
田島俊雄(社会科学研究所)

 ※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF159KB)

12月4日
予備日


12月11日
第八回 「中国共産党式『大衆運動』──三反・五反運動のケース」 
加島潤(社会科学研究所)
 

※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF194KB)

12月18日
第九回 「関税自主権の回復と幣制改革」 
久保亨(信州大学)

※講義録をこちらからダウンロードできます(PDF199KB)

1月8日
第十回 「民国期における冊封・朝貢認識―その三つの評価―」
川島真(総合文化研究科)


1月22日
第十一回 試験(村田雄二郎)

(更新日:2010年4月 8日)