「日中関係の多面的な相貌」(平成23年度夏学期)

本講座については、ASNETサイト内の日本・アジア学プログラム「日中関係の多面的な相貌」ページもご参照ください。

 

【授業概要】

授業科目名:アジア経済

講義・演習題目(和文):日中関係の多面的な相貌(日本・アジア学プログラム)
講義・演習題目(英文):Multiple Dimensions of Sino-Japanese Relations

 

開講学期・単位等:夏学期/2単位/週1コマ
曜日・時限:金曜:10:2012:00

 

事項

教員氏名:丸川知雄・高原明生・田嶋俊雄・園田茂人・末廣昭
開講場所:社会科学研究所第1会議室

他研究科との合併科目(合併研究科名)
他研究科との合併科目(合併研究科での授業科目名)

 

講義内容(和文)2010年に中国が日本を抜いて世界第2位の経済大国になるとともに、両国間の領土問題が噴出するなど、日中関係の流れが変わりつつある。本講義では最新の情勢を踏まえながら中長期的な視点で日本と中国の関係を、政治外交関係、投資と貿易、社会、食料、資源、歴史認識問題など、多角的に掘り下げて分析する。

 

講義内容(英文)In 2010, China's GDP surpassed that of Japan's and China has become the second largest economy in the world. In the same year, territorial conflict between Japan and China broke out. Sino-Japanese relationship is changing rapidly under such circumstances. This lecture series will deal with current topics, such as political and diplomatic relationship, society, foreign direct investment and trade, food security, mineral resources, and historical issues from a long term perspective.

 

授業日程:

513日 オリエンテーション、日中政治関係史(高原明生)

520日 日中間の安全保障問題(高原明生)

527日 日中両国における内政と外交の連動(高原明生)

63日   日中農業問題(田嶋俊雄)

610日 日中モータリゼーション比較(田嶋俊雄) 

617日 オフショア開発(田嶋俊雄)

624日 対中ビジネス苦難の歴史(園田茂人)

    *講義資料をこちらからダウンロードできますPDF:534KB

71日 「友好」概念の終焉(園田茂人)

    *講義資料をこちらからダウンロードできますPDF:651KB

78日  アジアのなかの日中関係(末廣昭)

    *講義資料をこちらからダウンロードできます(PDF:1.4MB)

715日 中国の資源確保戦略と東南アジア(末廣昭)

    *講義資料をこちらからダウンロードできます(PDF:965.4KB)

722日 生活の中の日中関係(丸川知雄)

729日 テクノ・ナショナリズムの衝突:レアアースをめぐる日中関係(丸川知雄)

 

授業の方法

講義を主とするが、受講者は事前に指定された資料を読み、討論に積極的に参加することが求められる。期末には授業に関連するテーマによるレポートを提出する。

 

成績評価の方法

レポートおよび授業中の討論への参加状況によって評価する。


(更新日:2011年4月14日)