拠点メンバーによる本、拠点助成出版物

第1~2期の成果(2016年度以前)はこちら

日文

家永真幸『国宝の政治史―「中国」の故宮とパンダ』(東京大学出版会 2017年)

遠藤環、伊藤亜聖、大泉啓一郎、後藤健太編著『現代アジア経済論』(有斐閣、2018年)

代田智明監修/谷垣真理子・伊藤徳也・岩月純一編『戦後日本の中国研究と中国認識――東大駒場と内外の視点』風響社、2018年

園田茂人・David Goodman編『チャイナ・インパクト:近隣から見た「台頭」と「脅威」』(東京大学出版会、2018年)

高見澤磨・鈴木賢編『要説 中国法』(東京大学出版会、2017)

田島俊雄・池上彰英編『WTO体制下の中国農業・農村問題』(東京大学出版会、2017年)

平岩俊司・川島真ほか『北朝鮮の暴走、韓国の迷走』(中央公論新社、Kindle版、2017年)

藤原敬士『商人たちの広州 一七五〇年代の英清貿易』(東京大学出版会、2017年)

松田康博・清水麗編著『現代台湾の政治経済と中台関係』(晃洋書房、2018年)

宮本雄二、佐橋亮、川島真、堀本武功『習近平の権謀』(中央公論新社、Kindle版、2017年)

欧文

Kokubun, Ryosei, Yoshihide Soeya, Akio Takahara, Shin Kawashima, Japan-China Relations in the Modern Era, Oxon and New York: Routledge, 2017.

Shih, Chin-yu, From Sinology to Post-Chineseness: Intellectual Histories of China, Chinese People and Chinese Civilization ,Beijing: Chinese Social Science Press, 2017.

―――Producing China in Southeast Asia - Knowledge, Identity and Migrant Chineseness , New York: Springer, 2017.

―――China Studies in South and Southeast Asia: Between Pro-China and Objectivism, Singapore: World Scientific, 2018.